« 方法論のその先 | Main | プロトタイプと総合テスト »

December 01, 2004

存在感を発揮する

全てではないと思いますが、
プロジェクトにおいて、PMOや経営層へ食い込む会社は、
自分の「存在感」を高めることをとても大事にしているように感じます。

プロジェクトをうまく遂行するだけであれば、
各人が自分の役割をきちんと果たしておけば良いように思いますが、
それだけに留まらず、
自分の「存在感」を高めることに異常なまでに力を注ぎます。

最初は、私も違和感があったのですが、
今は、そういった振る舞いにも価値があるのだな、
と思うようになりました。

理由は、PMOで仕事をしたり、経営層へ食い込むためには、
「頼りになる奴」という印象を作っておく必要があるからです。
そして、その第一歩が「存在感」を出していることなのです。

あまり前面に出すぎると、
嫌味となり、かえって逆効果となってしまいますが、
そういったことを意識しておくことが、
大きなプロジェクトを運営するうえで、また、
経営層へのパイプを作るうえで大切なのだなと思います。

もちろん、中身があることが前提ですが。。

|

« 方法論のその先 | Main | プロトタイプと総合テスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61462/2126060

Listed below are links to weblogs that reference 存在感を発揮する:

« 方法論のその先 | Main | プロトタイプと総合テスト »