« November 2004 | Main

December 19, 2004

スケジュール作成のスケジュール

しばらくバタバタしていて間が空いてしまいました。。

さて、今日は2つのスケジュールについて記述します。
2つといっても、表と裏という類のものではなく、
プロジェクトを進めていくために必要な次元の違う2つのものを指します。

 ① メンバが作業をするための日程や作業内容が記述されているもの
  (例.プロジェクト全体スケジュール、設計作業スケジュール、テスト計画..)

 ② ①のスケジュールを立てるための段取り
  (例.全体スケジュール立案の段取り、テスト計画作成の進め方..)

過去の蓄積やシステム開発の教科書もたくさん出ていることもあり、
①のスケジュールについては、
ほとんどのプロジェクトで作成されているように思います。

しかし、あくまで教科書通りのものが多く、
プロジェクト毎の事情を十分に反映できておらず、
その結果、スケジュール通りに進められないプロジェクトが
多く発生していると感じられます。

大事なのは、②のスケジュール。
妥当なスケジュールを作成するための段取りが極めて重要なのです。
具体的には、以下を確認するための段取りが必要となります。

 - 作業に必要なインプット情報はいつ頃揃いそうか
 - 作業をする人員の確保/スキルの充足は大丈夫か
 - 当該作業はいつまでに、どういったアウトプットを出すべきか
 など

これらはプロジェクト毎に様々な事業があるため、
これらを調整をする方が、①のスケジュールを立案するよりも、
一層難しいものだと考えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2004

プロトタイプと総合テスト

結合テストがシステム要件の総確認だとすると、
総合テストは業務要件の総確認のための作業と位置づけられます。

では、業務要件の設計作業はどこで行うかというと、
パッケージシステムの場合は、プロトタイプとなります。

プロトタイプは、
業務要件の洗い出しとシステム要件への落とし込みを行う作業であり、
この作業の過程で「プロトタイプ・シナリオ」を作成します。
会社の業務を「プロトタイプ・シナリオ」にまとめた後、
そのシナリオに沿って、
業務要件がシステム要件に反映されているかを確認していきます。

さて、総合テストでは、どういうことを行うかというと、
極めてプロトタイプに近い作業を行うこととなります。
業務要件を網羅的に洗い出した後、
それを確認できる「総合テスト・シナリオ」をまとめます。
そして、そのシナリオに沿って、
業務要件がシステム要件に反映されているかを確認していきます。

つまり、プロトタイプと総合テストは、極めて強い関連性を持つのです。

総合テストでは、テストシナリオの洗い出しが、
品質を担保する重要なタスクとなりますが、
プロトタイプ時に十分なシナリオの洗い出しが行えていると、
それをもとに比較的短期に、かつ品質の高いものを
作成することができると考えます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 01, 2004

存在感を発揮する

全てではないと思いますが、
プロジェクトにおいて、PMOや経営層へ食い込む会社は、
自分の「存在感」を高めることをとても大事にしているように感じます。

プロジェクトをうまく遂行するだけであれば、
各人が自分の役割をきちんと果たしておけば良いように思いますが、
それだけに留まらず、
自分の「存在感」を高めることに異常なまでに力を注ぎます。

最初は、私も違和感があったのですが、
今は、そういった振る舞いにも価値があるのだな、
と思うようになりました。

理由は、PMOで仕事をしたり、経営層へ食い込むためには、
「頼りになる奴」という印象を作っておく必要があるからです。
そして、その第一歩が「存在感」を出していることなのです。

あまり前面に出すぎると、
嫌味となり、かえって逆効果となってしまいますが、
そういったことを意識しておくことが、
大きなプロジェクトを運営するうえで、また、
経営層へのパイプを作るうえで大切なのだなと思います。

もちろん、中身があることが前提ですが。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main